logo

CREATE NEW ATMOSPHERE.

TALENT

talent picture
talent picture

3児の母として育児に奮闘する“ママタレント”
komori jun

  • 160000 instagram icon
  • 52000 youtube icon
MANAGER’S COMMENT

2022年に第3子となる男の子を出産。人気ネイリストとして活躍する傍ら、自身の公式YouTubeチャンネルで公開している出産や育児に奮闘するリアルな姿が同世代の女性から大きな支持を得ている。

circle

PROFILE

小森純

誕生日:
1985年11月22日
血液型:
A型
出身地:
神奈川県

17歳からモデル活動を開始。多くのファッション誌で活躍し、バラエティ番組でも自由奔放なぶっちゃけトークが注目される。つけまつげやジュエリーのプロデュース、料理も得意でレシピ本を出版、カフェもプロデュースするなど多方面で活躍している。 2011年に結婚し、2014年6月に第一子、2016年3月には第二子、2022年10月に第三子の男の子を出産し3児の母として育児に奮闘しながらママタレントとしても活動中。

SCHEDULE

MEDIA

CM

「赤い糸」任天堂

「モバうた」ユニバーサルミュージック

「東京ジョイポリス」

「GREE」

「モバゲー」

TV

「ザ!世界仰天ニュース」日本テレビ

「グータンヌーボ」関西テレビ

「サンデージャポン」TBSテレビ

「しゃべくり007」日本テレビ

「おしゃれイズム」日本テレビ

「踊る!さんま御殿」日本テレビ

「SMAP×SMAP」フジテレビ

「メレンゲの気持ち」日本テレビ

「ひみつの嵐ちゃん!」TBSテレビ

「めちゃイケ」フジテレビ

「ぐるぐるナインティナイン」日本テレビ  他多数・・

~レギュラー出演~

「不可思議探偵団」日本テレビ/2010.04~2011.03

「20マウス」TBSテレビ/2011.04~2011.09

「ザキ神っ!」TBSテレビ/2010.09~2011.09

「ホントに聞きたいアノ質問バカなふりして聞いてみた」日本テレビ/2011.04~2011.09/準レギュラー

「ヒルナンデス!」日本テレビ/2011.3~2014.4

「ファミリーライン放送部」LINE LIVE/2015.11~

MAGAZINE

「Pop teen」角川春樹事務所/レギュラーモデル 2010.6月卒業

「Pop sister」角川春樹事務所/レギュラーモデル 2011.11月号で卒業

「EDGE STYLE」双葉社/レギュラーモデル 2014.3月号で休刊

BOOK

「PURE」角川春樹事務所

「以心伝心」アメーバブックス新社

「モトカレ・レシピ」講談社

「純婚」双葉社

「小森純の節約レシピ」マガジンハウス

「小森純の自力で産後やせ」主婦の友社

MV

Lil'B「オレンジ」PV出演

Lil'B「君が好きで」PV出演

Juliet「ナツラブ」作詞協力

WISE feat. 西野カナ「会えなくても」PV出演

逗子三兄弟「サマーウルフ」PV出演

逗子三兄弟「純白の花嫁」PV出演

BENI「Darlin」PV出演

Juliet「モトカレ」ジャケット出演

EVENT

「渋谷ガールズコレクション」

「神戸コレクション」

「原宿スタイルコレクション」

「福岡アジアコレクション」

「RED RIBBON LIVE」

「東京ガールズコレクション」

「ママコレクション」

OTHER

カラコン「Lovers Color」イメージモデル・プロデュース

つけまつ毛「EYEMAZING」プロデュース

コスメ「EYEMAZINGコスメライン」プロデュース

ジュエリーブランド「マレアリッチ」プロデュース

万能調味つゆ「小森の純つゆ」プロデュース

「骨盤巻くツボダイエット」 プロデュース

ヘアアイロン「ツヤグラ」イメージモデル

レッグウエアブランド「Chereme(シェレメ) 」イメージモデル

ボディーソープ「PHケア」イメージモデル

時短レシピコンテンツ「キッチンノート」

小森純キッチングッズ「kichiyan(キチヤン)」

クラウディア×小森純 ウェディングドレスプロデュース

ムーンスターKswiss×小森純コラボシューズ プロデュース

モンテローザ「笑笑女子会」イメージモデル

Availイメージモデル

アディダス公認 ワールドカップ南アフリカ大会 ギャル代表サポーター

RyuRyu×小森純コラボ インテリア雑貨プロデュース

常盤薬品工業株式会社「BEAUPOWER(ビューパワー)」おいしいオンナになり隊キャンペーンモデル

circle